未分類

ATPふきとり検査法の最新動向

清浄度検査法として普及へ
清掃度検査として普及しつつあるATPふきとり検査手法は、一昨年夏改訂された食品衛生検査指針(微生物編)に、清掃度確認法として紹介され、昨年は普及に一層の拍車がかかった。ATP検査キットが出始めた当初は微生物検査法のような誤解もあったり、測定した数値の意味がわからず、管理手法として使えないといった声が聞かれた時期もあったが、現在はそのような誤解も解け、現場の日常管理手法として、また衛生教育ツールとして普及しつつあり、食品加工施設から外食・中食・給食さらに病院へと拡がっている。


エア・ブラウンhttp://www.arbrown.com/
キッコーマンhttp://www.kikkoman.co.jp/bio
セントラル科学貿易http://www.cscjp.co.jp/
第一化学薬品http://www.shiyaku-daiichi.jp/
日水製薬http://www.nissui-pharm.co.jp
メルク・ジャパンhttp://www.merck.co.jp

関連記事

  1. 編集部から
  2. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術
  3. 【新技術レポ】スプレードライヤーの基礎知識と熱風乾燥理論の活用法…
  4. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  5. 【市場動向】ミネラル食品・素材の市場動向
  6. 3月号特集 高機能食品をつくる製造技術
  7. 変わる食品表示シリーズ5
  8. 【支援技術】X線異物検出装置と金属検出機の最新動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP