未分類

ATPふきとり検査法の最新動向

清浄度検査法として普及へ
清掃度検査として普及しつつあるATPふきとり検査手法は、一昨年夏改訂された食品衛生検査指針(微生物編)に、清掃度確認法として紹介され、昨年は普及に一層の拍車がかかった。ATP検査キットが出始めた当初は微生物検査法のような誤解もあったり、測定した数値の意味がわからず、管理手法として使えないといった声が聞かれた時期もあったが、現在はそのような誤解も解け、現場の日常管理手法として、また衛生教育ツールとして普及しつつあり、食品加工施設から外食・中食・給食さらに病院へと拡がっている。


エア・ブラウンhttp://www.arbrown.com/
キッコーマンhttp://www.kikkoman.co.jp/bio
セントラル科学貿易http://www.cscjp.co.jp/
第一化学薬品http://www.shiyaku-daiichi.jp/
日水製薬http://www.nissui-pharm.co.jp
メルク・ジャパンhttp://www.merck.co.jp

関連記事

  1. 多価不飽和脂肪酸(n-3系、n-6系)素材の市場動向
  2. クローズアップ
  3. 【12月号】食品分野における水分測定技術の最新動向
  4. 2006 国際食品工業展
  5. 【市場動向】機能性甘味料の最新市場動向
  6. 【支援技術】製造プロセスおよび環境対策で用途拡がる分離・ろ過技術…
  7. 【5月号】食品工場の衛生管理・事故防止のためのハード&ソフト
  8. 混合撹拌、乳化分散装置の開発動向

おすすめリンク先

PAGE TOP