未分類

簡易・迅速微生物検査法の開発動向

この1~2年マスコミを騒がす大規模食中毒こそみられなくなっているが、食品における微生物的危害は年間を通して後を絶たない。
とくに最近はノロウイルスによる事故の報告が多くなっているが、カンピロバクターによる事故も増加傾向にあり、日本ではこれまであまり見られなかったリステリアによる事故も懸念されている。食中毒事故のリスクを減らすためには、迅速に結果が判定できる方法が求められ、食品企業は以前にも増して自主検査に簡易・迅速法を取り入れるようになっている。
本稿では国内の微生物検査の指針にも収載されるようになった簡易・迅速法の開発動向についてみていく。


主な関連サプライヤー
アズワン
http://www.as-1.co.jp/
アヅマックス
http://www.azmax.co.jp/
アトー
http://www.atto.co.jp/japanesetop.html
アプライドバイオシステムズジャパン
http://www.appliedbiosystems.co.jp/website/jp/home/index.jsp
池田理化
http://www.ikedarika.co.jp/
エア・ブラウン
http://www.arbrown.com/
栄研器材
http://www.eikenkizai.co.jp/
エルメックス
http://www.elmex.co.jp/
関東化学
http://www.kanto.co.jp/
キッコーマンhttp://www.kikkoman.co.jp/bio/index.html
極東製薬工業
http://www.kyokutoseiyaku.co.jp/
サン化学
http://www.suncoli.com/
GSIクレオス
http://www.gsi.co.jp/
スリーエムヘルスケア
http://www.joia.or.jp/member/member_detail.jsp?memberId=47
セントラル科学貿易
http://www.cscjp.co.jp/
タカラバイオ
http://www.takara-bio.co.jp/
チッソ
http://www.chisso.co.jp/
デンカ生研
http://www.denka-seiken.co.jp/japanese/a-index.htm
日水製薬
http://www.nissui-pharm.co.jp/
日本ビオメリュー
http://www.biomerieux.com/servlet/srt/bio/japan/home
マイクロバイオ
http://www.microbio.co.jp/top.html
松下エコシステムズ
http://panasonic.co.jp/mesc/
メルク・ジャパン
http://www.merck.co.jp/japan/index.html

関連記事

  1. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始
  2. 注目される過熱蒸気の食品加工への利用
  3. 【素材レポ】カツオ動脈球由来エラスチンペプチドの特徴
  4. 【素材レポ】新ペプチドSOPのアンチエイジング機能
  5. 【展示会レポ】Fi Eurepe 2009 –12%…
  6. ●コーデックス会議、食品表示の新時代を宣言
  7. 多様化する食品産業の粉粒体技術
  8. ●「食品開発展2002」東京ビッグサイトにて9日開幕

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP