未分類

開発・製造および環境対策で用途拡がる分離・濾過技術

分離・濾過技術は、飲料や乳製品をはじめ、糖類、発酵食品など、食品産業の様々な製造プロセス・高付加価値素材の研究・開発分野で使用されており、目的成分の分離抽出、回収、精製のほか、微生物の除去や異物除去・除菌目的などでも幅広く利用されている。また、最近では水質総量規制や食品リサイクル法の施行に伴い、排水処理、浄水分野で活用されるなど、適用分野は多様化している。本稿では、食品の製造プロセスや新規素材の研究・開発、環境対策などでの用途開発が進む分離・濾過技術の最新動向を探る。


■有力分離・濾過メーカーおよびサプライヤー■
アストム
http://www.astom-corp.jp/
荒井鉄工所
http://www.arai-machinery.co.jp/
石川島播磨重工業
http://www.ihi.co.jp/separator/index.html
ウエストファリアセパレーター
http://westfalia.co.jp/jp/
セルガード
http://www.liquicel.com
東京特殊電線
http://www.totoku.co.jp/products/filter/index.html
巴工業
http://www.tomo-e.co.jp
日本ミリポア
http://www.millipore.com/
日本錬水
http://www.rensui.co.jp/

関連記事

  1. 角を矯めて牛を殺す―何度この諺を引用したことか
  2. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究3 (受託製造)
  3. 【素材レポ】免疫力判定検査を利用した「免疫ミルク」飲用の効果判定…
  4. 美容食品素材(美肌)の開発動向
  5. ピープルズファーストと食の安全
  6. たん白・ペプチド素材の市場動向
  7. 食品産業における異物混入対策
  8. 欧州食品見本市FiE視察レポート

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP