未分類

トレーサビリティと表示・記録関連技術の最新動向

―表示規制の現状と高品質化進む印字装置の動向―
BSE問題の発生以降欧米を中心に注目され、日本でもBSE発生や相次ぐ産地偽装表示事件などでトレーサビリティ導入の気運が高まっており、食品メーカーが独自に開発したシステムをライセンス供与したり、ソフトウェアメーカーでも導入支援プログラムが急ピッチで開発されている。同時に2次元コードやICタグ、印字装置および印字検査機など履歴明確化のための資材や機器の重要度が高まっている。本稿では、グローバル化する食品事情や生産・加工方法の複雑化といった現状をかんがみ、見直しが続く表示規制の動向と、精密性、正確さ、鮮明さに加え、簡易操作性や環境配慮、トレーサビリティの対応が進む印字装置など表示・記録関連技術を紹介していく。


イーデーエム
ビデオジェット
紀州技研工業
イマージュ
ユニオンコーポレーション
次回の上記特集は2006年12月号(12月1日発行)に予定しております。
取材のリクエストおよび広告ご出稿のお問い合わせは、Tel03-5296-1012、またはこちらまでどうぞ。

関連記事

  1. 【10月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(36)
  2. 【5月号】ミネラル素材の市場動向
  3. ビタミンの最新市場動向
  4. 機能性表示食品の発売動向を追う(40)機能性表示食品の届出・受理…
  5. 【10月号】脳機能改善素材の動向
  6. 海外開発トピックス
  7. 【9月号】消臭・呈味改善・マスキング素材の市場動向
  8. 食品産業における殺菌技術と装置開発

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP