未分類

日持向上剤・保存料製剤の市場動向

食品業界では製造工程における衛生管理の徹底とともに、食品の腐敗や劣化を抑え、シェルフライフを保証し、安全かつ食味に影響を与えず効果を発揮するための日持向上剤・保存料製剤の開発と利用が重要な課題となっている。
しかしその一方で、業界全体の景気低迷の中、資材コストも厳しくチェックされるようになっており、少量で効果を発揮し、なるべく安価な製品が選択される傾向にある。ソルビン酸などの保存料からの代替需要や惣菜市場の拡大とともに伸びてきた市場だが、どちらもそろそろ落ち着き始めている。
昨年にはナタマイシンの新規添加物指定も行われ、アルコール価格の値上げなどの市場への影響も興味深い。
本稿では最近の日持向上剤、保存料製剤の開発と利用、各社の動きを探っていく。


<主なサプライヤー>
アサマ化成
エーザイフード・ケミカル
奥野製薬工業
キユーピー醸造
甲陽化学工業
タイショーテクノス
ダニスコジャパン
チッソ
日本新薬
ピューラック・ジャパン
丸善製薬
三菱化学フーズ
武蔵野化学研究所
メルシャン

関連記事

  1. 【素材レポ】免疫力判定検査を利用した「免疫ミルク」飲用の効果判定…
  2. 【素材レポ】L-シトルリン、L-オルニチン、L-ヒスチジン
  3. クローズアップ
  4. 産学官連携のための地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研…
  5. 品質管理レポート  『質の高い品管体制をベースに顧客サービスの向…
  6. 【特別ルポ】スーパーの環境改善と歩留まり向上に貢献するオゾンシス…
  7. 食品の品質管理に欠かせない温度管理技術
  8. たん白・ペプチド素材の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP