関連トピックス

FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)開催
過去最多の874社が出展し、自動化・省人化テクノロジーが一堂に!

FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)が6月7日(火)より東京ビッグサイト東ホールにて開幕した。45回目を迎える今回の出展社数は過去最多の874社となり、「Restart FOOMA」をテーマにスタートアップゾーンの新設、優れた研究開発の成果を顕彰するFOOMAアワードの創設ほか、世界一の食品製造総合展を目指しイノベーティブで多彩な企画を多数実施する。

食品工場の省人化・自動化テクノロジーをはじめ、無菌化、ロボットやAI、食の衛生管理など食シーンの多様性に応える最先端の製品・技術・サービスが集結。革新的な「食の技術」を揃え、アジア最大級の食品製造総合展として食をめぐる多様なニーズに応える機会創出の場を提供する。同所にて6月10日(金)までの4日間の開催。

関連記事

  1. 「好き」が最も伸長した「レモン」は様々にニーズが拡大―日本能率協…
  2. 機能性表示食品で、新たな機能性関与成分により受理された商品
  3. 食品開発展2日目―提案素材・技術の紹介(その2)
  4. 林原、ロンザ社と長期パートナーシップ契約を締結
    ―プルラ…
  5. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始
  6. ツバメの巣エキスにおいて、タイトジャンクションの形成を促進し、皮…
  7. 流通業者の添加物表示の在り方をヒアリング――第3回食品添加物の不…
  8. 常磐植物化学研究所、カーボンニュートラル都市ガスを導入―2022…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP