関連トピックス

FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)開催
過去最多の874社が出展し、自動化・省人化テクノロジーが一堂に!

FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)が6月7日(火)より東京ビッグサイト東ホールにて開幕した。45回目を迎える今回の出展社数は過去最多の874社となり、「Restart FOOMA」をテーマにスタートアップゾーンの新設、優れた研究開発の成果を顕彰するFOOMAアワードの創設ほか、世界一の食品製造総合展を目指しイノベーティブで多彩な企画を多数実施する。

食品工場の省人化・自動化テクノロジーをはじめ、無菌化、ロボットやAI、食の衛生管理など食シーンの多様性に応える最先端の製品・技術・サービスが集結。革新的な「食の技術」を揃え、アジア最大級の食品製造総合展として食をめぐる多様なニーズに応える機会創出の場を提供する。同所にて6月10日(金)までの4日間の開催。

関連記事

  1. グルコサミン周辺素材の話題が一堂に
    第14回ファンクショナ…
  2. 食品と開発 ニュース アイ・エフ・エフ日本、代表取締役社長に塚越伸朗氏が就任
  3. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  4. ヘスペリジン研究会、第13回 研究発表会を11月15日にオンライ…
  5. 希少糖の最新研究発表、小胞体ストレス低減作用も―希少糖セミナー開…
  6. 腸内細菌学会学術集会(6月)事前登録を開始
  7. 【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え
  8. ケストースのプレバイオティクス機能やインスリン抵抗性改善機能試験…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP