未分類

食品機械用潤滑剤・油の利用動向

 食品工場で機械・設備に使用されている潤滑剤・潤滑油がHACCP運用上重要であることが認識され始めている。毛髪、虫・小動物など以上に、品質管理担当者が異物混入問題として考慮する必要があるといわれる。その理由としては、製品の特性上、油分・化学品を含有するため、接触・混入した製品を摂食した場合に、人体に悪影響を及ぼしかねないからだ。米国・EUでは食品機械には専用の潤滑油を使用することが標準になっており、その安全性についてはFDAとNSFによって安全基準が設定されている。
 国内においては潤滑油の混入事故が起これば、食の安全が根底から揺らぐにもかかわらず、未だ安全基準が設定されていない。こうした中で、食品工場用潤滑油の法制化に向けてのアクションプランの作成を目的とした食品工場用潤滑油研究会(F.G.L.研究会)が発足し1年が経過、その後の動向も注目される。
 本稿では、食品機械向け潤滑剤・潤滑油の最新情報と企業動向を探る。


■主な食品機械用潤滑剤サプライヤー■
NOKクリューバー
http://www.nok.co.jp/seihin/lubricant_list.html
サン・マリンディーゼル
http://www.sunmari.com/
住鉱潤滑剤
http://www.sumico.co.jp/
ダイゾー ニチモリ事業部
http://www.daizo.co.jp/nichimoly/
藤本油化
http://www.fujimoto-yuka.co.jp/

関連記事

  1. 【市場動向】注目のフレーバーと2010年への提案
  2. 最新の食品成分分析技術
  3. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ7
  4. 【新素材レポ】ポテト由来素材 Slendesta について
  5. 【支援技術】食品産業における悪臭対策と消臭システム
  6. 拡大するEコマース、100兆円突破
  7. ●価格破壊は王者のマーケティングか
  8. ミネラル市場の最新動向

おすすめリンク先

PAGE TOP