未分類

食品産業における殺菌技術と装置開発

 食品の殺菌には古くから熱による加熱殺菌が用いられているが、近年食品の品質に対する要求が高くなり、加熱殺菌においても、いかに短時間に食品の品質劣化を最小限に抑えて殺菌を行えるかが装置開発の課題となっている。一方、加熱殺菌が行えない生鮮食品や液体食品では、非加熱殺菌技術が求められており、オゾン、紫外線をはじめ新しい技術による非加熱殺菌装置が利用され始めている。
 本稿では加熱・非加熱殺菌機器・ソリューションの最新の開発動向と食品産業における利用動向をみていく。


■有力加熱殺菌・非加熱殺菌機器・ソリューション提供会社■
イズミフードマシナリ
http://www.izumifood.shi.co.jp/
岩井機械工業
http://www.iwai.co.jp/
インベンシスシステムス日本APV
http://www.apv.co.jp/
大川原製作所
http://www.okawara.co.jp/
西華産業
http://www.seika.com/
パワーポイント・インターナショナル
http://www.pp2k.co.uk/j_index.html
ミクロ電子
http://www1.neweb.ne.jp/wa/micro/
日油技研工業
http://www.nichigi.co.jp/
シルバー精工
http://www.silver-reed.co.jp/
三輪運輸工業
http://www.miwa-gr.co.jp/
岩崎電気
http://www.iwasaki.co.jp/
フナテック
http://www.funatech.com/
ニッポ電機
http://www.nippo-web.com/

関連記事

  1. 【食品BIO支援】ニュートリゲノミクスの進展とツール開発
  2. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(鳥取県)…
  3. 食品分野における粘度・粘弾計測機器の開発
  4. 機能性表示食品の発売動向を追う(41)機能性表示食品の届出・受理…
  5. 【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!
  6. 【技術レポ】消費者を基盤とした商品開発とそのおいしさの評価プロセ…
  7. 海外開発トピックス
  8. 変わる食品表示シリーズ2

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP