未分類

酵母、植物由来β-グルカン素材の市場・開発動向

 近年、免疫賦活を期待するβ-グルカン含有食品市場において、パン酵母、黒酵母など酵母由来品やオーツ麦、大麦など植物由来品が注目を集めている。これまで、わが国ではアガリクス、霊芝、マイタケ、メシマコブなど真菌由来の素材を利用した製品が大きな市場を形成してきたが、これら真菌由来β-グルカンと同様にBRN(Biological Response Modifier)活性データの確認が進められ、次世代の健康食品市場を担う有望な機能性素材として期待が高まっている。
 
 本稿では、酵母・植物由来の各種新規β-グルカン素材の市場・開発動向および今後の展望を探る。


☆主なサプライヤー
ADEKA
オリエンタル酵母
キッコーマン
ダイソー健食
日本シイベルヘグナー
ケイ・アイ化成

関連記事

  1. 常磐植物化学研究所、70周年記念シンポジウムを共同開催―多数の講…
  2. 新素材レポート
  3. 特別レポート  鯨肉抽出物(バレニン含有)摂取による抗疲労効果
  4. 【9月号】冷え性・血流改善素材の最新動向
  5. 海外開発トピックス
  6. 【4月号】無菌化包装食品・飲料製造技術の最新動向
  7. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向
  8. ATPふきとり検査法の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP