未分類

酵母、植物由来β-グルカン素材の市場・開発動向

 近年、免疫賦活を期待するβ-グルカン含有食品市場において、パン酵母、黒酵母など酵母由来品やオーツ麦、大麦など植物由来品が注目を集めている。これまで、わが国ではアガリクス、霊芝、マイタケ、メシマコブなど真菌由来の素材を利用した製品が大きな市場を形成してきたが、これら真菌由来β-グルカンと同様にBRN(Biological Response Modifier)活性データの確認が進められ、次世代の健康食品市場を担う有望な機能性素材として期待が高まっている。
 
 本稿では、酵母・植物由来の各種新規β-グルカン素材の市場・開発動向および今後の展望を探る。


☆主なサプライヤー
ADEKA
オリエンタル酵母
キッコーマン
ダイソー健食
日本シイベルヘグナー
ケイ・アイ化成

関連記事

  1. 食品機械用潤滑剤の利用動向
  2. ゲル化・増粘安定剤の最新開発動向
  3. 【支援技術】機能性食品製造をサポートする粉粒体技術
  4. ユベリ博士の独創的ダイエット論<14>
  5. 食品分野における水分測定技術の最新動向
  6. クローズアップ
  7. CLOSE UP
  8. 【新素材レポ】ポテト由来素材 Slendesta について

おすすめリンク先

PAGE TOP