未分類

酵母、植物由来β-グルカン素材の市場・開発動向

 近年、免疫賦活を期待するβ-グルカン含有食品市場において、パン酵母、黒酵母など酵母由来品やオーツ麦、大麦など植物由来品が注目を集めている。これまで、わが国ではアガリクス、霊芝、マイタケ、メシマコブなど真菌由来の素材を利用した製品が大きな市場を形成してきたが、これら真菌由来β-グルカンと同様にBRN(Biological Response Modifier)活性データの確認が進められ、次世代の健康食品市場を担う有望な機能性素材として期待が高まっている。
 
 本稿では、酵母・植物由来の各種新規β-グルカン素材の市場・開発動向および今後の展望を探る。


☆主なサプライヤー
ADEKA
オリエンタル酵母
キッコーマン
ダイソー健食
日本シイベルヘグナー
ケイ・アイ化成

関連記事

  1. 食品産業における異物混入対策
  2. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  3. 【特別レポ】味が見える味覚センサー
  4. 【1月号】簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  5. 海外開発トピックス
  6. 完全自由化された特殊製法塩・輸入塩の市場動向を探る
  7. 【5月号】食品工場の衛生管理・事故防止のためのハード&ソフト
  8. 【市場動向】茶加工品の素材開発と市場動向

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP