未分類

注目の食品フレーバー2007

 食品の風味付けに欠かせないフレーバーは、数年前まで加工食品の市場拡大とともに需要は増加していたが、近年は食料全体の伸び悩みが影響し、国内販売量・金額ともに横ばいで推移している。消費者のライフスタイルの変化とともに加工食品へのニーズが多様化するなか、食品・飲料メーカー各社ではトレンドや付加価値を形成する商品開発のスピード化を進めており、美味しさの基本となるフレーバーへの要求は年々厳しさを増している。フレーバーサプライヤーでは、既存製品のブラッシュアップやR&D体制の強化などで、顧客ニーズに迅速に対応する体制を構築し、機能性素材のマスキングフレーバー、ナチュラル感や天然感を再現するフレーバー、耐光性・耐熱性・経時安定性に優れたフレーバー、食品添加物としての機能性「Bi-functionality」フレーバーなど、より風味をリアルに再現する製品の開発・提案を強化している。
 
 本稿では2006年の飲料・食品市場動向のまとめと、加工食品の発展を支えるフレーバーサプライヤーへのアンケートを通し、2007年の香りのトレンドを探る。


☆主なサプライヤー
ヴィルド(ジャパン)
小川香料
光洋商会
コーケン香料
小林香料
サンアロマ
三栄源エフ・エフ・アイ
塩野香料
曽田香料
高砂香料工業
高田香料
ダニスコジャパン
長岡香料
長谷川香料
横山香料

関連記事

  1. 【市場動向】注目のフレーバーと2009トレンド
  2. 【11月号】食用色素の市場動向
  3. 【10月号のおすすめ】安全性の受託検査サービス
  4. 「たかが蒟蒻、されど蒟蒻」に学ぶ食品開発
  5. 【健康素材】プロポリス・ローヤルゼリーの最新動向
  6. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  7. 安全性・有用性の受託試験
  8. プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の開発動向

おすすめリンク先

PAGE TOP