未分類

注目の食品フレーバー2007

 食品の風味付けに欠かせないフレーバーは、数年前まで加工食品の市場拡大とともに需要は増加していたが、近年は食料全体の伸び悩みが影響し、国内販売量・金額ともに横ばいで推移している。消費者のライフスタイルの変化とともに加工食品へのニーズが多様化するなか、食品・飲料メーカー各社ではトレンドや付加価値を形成する商品開発のスピード化を進めており、美味しさの基本となるフレーバーへの要求は年々厳しさを増している。フレーバーサプライヤーでは、既存製品のブラッシュアップやR&D体制の強化などで、顧客ニーズに迅速に対応する体制を構築し、機能性素材のマスキングフレーバー、ナチュラル感や天然感を再現するフレーバー、耐光性・耐熱性・経時安定性に優れたフレーバー、食品添加物としての機能性「Bi-functionality」フレーバーなど、より風味をリアルに再現する製品の開発・提案を強化している。
 
 本稿では2006年の飲料・食品市場動向のまとめと、加工食品の発展を支えるフレーバーサプライヤーへのアンケートを通し、2007年の香りのトレンドを探る。


☆主なサプライヤー
ヴィルド(ジャパン)
小川香料
光洋商会
コーケン香料
小林香料
サンアロマ
三栄源エフ・エフ・アイ
塩野香料
曽田香料
高砂香料工業
高田香料
ダニスコジャパン
長岡香料
長谷川香料
横山香料

関連記事

  1. ポジティブリスト制に向けた残留農薬の一斉分析受託試験サービス
  2. 【6月号】緊急企画:食品の放射能測定技術
  3. 【5月号】ミネラル素材の市場動向
  4. 【健康素材】大豆由来機能素材の市場動向
  5. 【品質・安全】食品表示ミスを防ぎ適正表示をするためのサポートツー…
  6. 【素材レポ】キノコキトサンの体脂肪低減効果
  7. 【素材レポ】魚類由来高純度エラスチンの単離とその特性
  8. 食物繊維市場の動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP