未分類

機能性素材開発、環境対策で注目される分離・濾過技術

 分離・濾過技術は、飲料や乳製品、調理用、糖類、発酵食品など、食品産業の様々な製造プロセス・研究開発分野、さらに生菌数試験・検出などの品質管理用途でも使用されている。ここ数年は、市場が急拡大している機能性食品素材や新素材開発に高度な分離・濾過技術が不可欠との認識が高まり、テスト依頼は増加の一途をたどっている。また、最近では水質総量規制や食品リサイクル法の施行に伴い、排水処理分野等の環境対策としても用途が広がっている。
 本稿では、機能性食品素材・新素材開発分野および環境対策ソリューションとして活用が広がっている分離・濾過技術の最新動向を紹介している。


■有力分離・濾過ソリューション・サプライヤー■
荒井鉄工所
http://www.arai-machinery.co.jp/
石川島播磨重工業
http://www.ihi.co.jp/separator/index.html
インベンシスシステムス日本APV
http://www.apv.co.jp/
ウエストファリアセパレーター
http://westfalia.co.jp/
クラレ
http://www.kuraray.co.jp/business/newbusiness.html
セルガード
http://www.liquicel.com
東京特殊電線
http://www.totoku.co.jp
巴工業
http://www.tomo-e.co.jp
日本錬水
http://www.rensui.co.jp/product/kn/kn.html

関連記事

  1. 【市場動向】シュガーレス・低カロリー食品と素材の最新動向
  2. 天然色素市場の動向 ~安全・安心と健康イメージを訴求
  3. ●狂牛病に学ぶ危機管理の問題
  4. 【11月号】食品向け放射能測定技術の最新動向
  5. 【素材レポ】屋久島産ボタンボウフウの血管機能改善作用
  6. 【素材レポ】新ペプチドSOPのアンチエイジング機能
  7. 【IFT 食品素材見本市(6/26~28) 視察】
  8. 匂い・味&テクスチャーの測定技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP