未分類

【分析計測】クロマト装置・資材の開発動向

―進む超高速、高感度、環境対応―


ここ数年、食品の安全性・品質に対するニーズは高度化し、微量成分分析の機会は急増している。とくに昨年はポジティブリスト制のスタートで、GC/MS/MS、LC/MS/MSなどの需要が活発化。それに伴う前処理装置やカラム、ソフトの動きも活発化している。このところ、質量分析計ではTOFMSの動きも出ている。安全性分析の需要は、今後さらにラボから日常の品管へと続くものと思われ、迅速性や操作性の開発・改良が行われていくものとみられる。
本稿では迅速化、高感度化、環境対応が進む最新のクロマト装置の開発動向を追う。
アジレント・テクノロジー
(財)化学物質評価研究機構
関東化学
サーモフィッシャーサイエンティフィック
ジーエルサイエンス
島津製作所
日本ビュッヒ
日本分光
バリアン テクノロジーズ ジャパン リミテッド
日立ハイテクノロジーズ
メルク
ワイエムシィ
和光純薬工業

関連記事

  1. 【2月号】食品の有用性・安全性受託試験の動向
  2. 新素材レポート
  3. 【支援技術】X線異物検出装置と金属・毛髪検出機の最新動向
  4. 【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向
  5. 固型製剤・カプセル食品開発のための製剤化技術
  6. 【N-tecレポ】ますます重要になる安全性・有用性のエビデンスの…
  7. 健康食品の市場動向と素材・技術研究
  8. 【市場動向】乳酸菌と腸内環境改善素材

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP