未分類

【分析計測】クロマト装置・資材の開発動向

―進む超高速、高感度、環境対応―


ここ数年、食品の安全性・品質に対するニーズは高度化し、微量成分分析の機会は急増している。とくに昨年はポジティブリスト制のスタートで、GC/MS/MS、LC/MS/MSなどの需要が活発化。それに伴う前処理装置やカラム、ソフトの動きも活発化している。このところ、質量分析計ではTOFMSの動きも出ている。安全性分析の需要は、今後さらにラボから日常の品管へと続くものと思われ、迅速性や操作性の開発・改良が行われていくものとみられる。
本稿では迅速化、高感度化、環境対応が進む最新のクロマト装置の開発動向を追う。
アジレント・テクノロジー
(財)化学物質評価研究機構
関東化学
サーモフィッシャーサイエンティフィック
ジーエルサイエンス
島津製作所
日本ビュッヒ
日本分光
バリアン テクノロジーズ ジャパン リミテッド
日立ハイテクノロジーズ
メルク
ワイエムシィ
和光純薬工業

関連記事

  1. クローズアップ
  2. 【品質安全】油脂劣化のチェック機器・資材
  3. 食品開発におけるフレーバーの利用動向
  4. クローズアップ
  5. CLOSE UP
  6. 【支援技術】食品産業における悪臭対策と消臭システム
  7. 【素材レポ】DHA結合リン脂質含有油脂の抗メタボリックシンドロー…
  8. NEWS ARCHIVES

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP