未分類

【市場動向】健康機能で開発進む果実・野菜素材


健康志向の浸透と生活習慣病予防・メタボ対策などの観点から果実や野菜を多く摂取したいという意識は高まっており、手軽に果実や野菜の不足分を補えるような製品の開発が進んでいる。
また、単なる摂取量の問題だけではなく、果実・野菜の持つ機能性成分の有効性に対する研究や、健康感をより強調した製品の開発も進んできている。
本稿では、機能研究が進む果実・野菜素材の開発と利用動向を探っていく。
<主な取り扱い企業>
オリザ油化
カリフォルニア・レーズン協会
香花園パパイヤ普及協議会
光洋商会
セティ
マリーンバイオ
明治フードマテリア

関連記事

  1. CLOSE UP
  2. 【素材レポ】免疫賦活効果を発揮する乳酸菌とレンコン
  3. 環境・安全・経済性の視点から見直される分離・濾過技術
  4. ●米国でも大豆、緑茶旋風
  5. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術
  6. 【支援技術】X線・金属検出装置・各種選別機と防虫・防塵対策の最新…
  7. 健康食品の市場動向と素材・技術研究 2
  8. 【支援技術】食品工場の清浄化とエアコントロール

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP