未分類

【市場動向】健康機能で開発進む果実・野菜素材


健康志向の浸透と生活習慣病予防・メタボ対策などの観点から果実や野菜を多く摂取したいという意識は高まっており、手軽に果実や野菜の不足分を補えるような製品の開発が進んでいる。
また、単なる摂取量の問題だけではなく、果実・野菜の持つ機能性成分の有効性に対する研究や、健康感をより強調した製品の開発も進んできている。
本稿では、機能研究が進む果実・野菜素材の開発と利用動向を探っていく。
<主な取り扱い企業>
オリザ油化
カリフォルニア・レーズン協会
香花園パパイヤ普及協議会
光洋商会
セティ
マリーンバイオ
明治フードマテリア

関連記事

  1. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(千葉県)…
  2. 食品分野における水分測定技術の最新動向
  3. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(東京都)…
  4. 【品質安全】最新の食品成分分析技術
  5. 天然色素市場の動向 ~安全・安心と健康イメージを訴求
  6. 【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動…
  7. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  8. ゲル化・増粘安定剤市場動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP