未分類

【市場動向】特殊製法塩・輸入塩の最新動向


 塩専売制廃止から10年が経ち、塩業界を巡る環境は大きく変化してきた。現在、家庭用、食品加工用合わせて1,500種類以上の塩が流通し、世界各国の塩を容易に入手できる環境となっている。食品加工分野では、差別化戦略の一環で塩をアクセントにするケースが活発化し、ユニークな商品展開が図られている。一方で、長期化するエネルギーコストや包材、資材の高騰を背景に、塩業界はかつてない苦境に陥っている。
 本稿では、家庭用塩および食品加工塩のトレンドを追うとともに、製塩メーカーと輸入業者の動向を取り上げる。
<主なサプライヤーほか>
青い海
天塩
あらしお
塩友商事
ジャパンソルト
日本海水
日本塩工業会
日本精塩
伯方塩業

関連記事

  1. 【1月号】食品分野における抗酸化能測定技術の最新動向
  2. 【支援技術】食品産業の粉粒体技術
  3. 海外開発トピックス
  4. 【7月号】美容・アンチエイジング素材の市場動向
  5. 洗浄・除菌剤と衛生管理サービスの開発動向
  6. 【1月号】食用塩の最新動向
  7. 【健康素材】抗ストレス食品・素材の市場動向
  8. 新素材レポート 新世代アンチエイジング新素材DNA修復を促進する…

おすすめリンク先

PAGE TOP