未分類

【支援技術】待ったなしの対応迫られる環境規制にどう対処するか

―排水処理から廃棄物処理、悪臭対策までの環境関連支援技術を探る―


食品産業に関わる企業にとって廃棄物処理、排水処理、排気処理、悪臭対策などの環境対策は、企業イメージや循環型社会形成推進基本法の観点からも避けては通れない優先課題になっている。
 排水処理においては、第5次水質総量規制に続いて平成21年度を目標年度とする第6次総量削減計画進められ、排水基準はより厳格化される。また19年12月からは、24年度までに食品産業全体で85%という高い水準の再生利用率の達成を求められる改正食品リサイクル法が施行され、再生利用率の低い卸、小売、外食産業は従来以上に厳しい対応を迫られる。これに伴って、環境関連技術の市場規模は拡大傾向にあり、汚泥の減容化やコージェネレーションを視野に入れた環境対策が焦眉の課題になっている。
 本稿では食品業界を取り巻く環境問題を踏まえ、排水処理から廃棄物処理、排気処理、廃油対策、悪臭対策に至るまでの現状と環境関連の技術動向を紹介している。
■食品産業の環境対策に貢献する有力企業 お役立ちサイト■
アムコン
エイブル
大川原製作所
化工機プラント環境エンジ
クラレ
ケイエルプラント
コンソルコーポレーション
ジャステック
西華産業
テクノフロンティア
日鉄環境エンジニアリング
ハイモ
バチルテクノコーポレーション
ヘリオス
ユアサメンブレンシステム

関連記事

  1. 【Zoom Up!】食品工場の安全性確保と生産性の工場を実現
  2. 【支援技術】食品産業の粉粒体技術
  3. 食品産業における異物混入対策
  4. クローズアップ
  5. 【12月号】天然調味料市場の最新動向
  6. 【12月号】機能性甘味料の市場動向
  7. 食品分野における水分測定技術の最新動向
  8. 市場拡大が期待される各種膜システムの開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP