未分類

【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!

―相次ぐ食品不祥事で需要高まるX線・金属検査装置、防虫・防塵対策の最新動向―


 食品の製造・加工工程における異物検出・排除、防虫対策は、PL法やHACCPの普及、社会問題化した食品の異物混入事件を契機として極めて重要なテーマになっている。にもかかわらず、金属異物が混入していることが判明し、製品回収を実施した事例は後を絶たない。特に昨年の前半には、異物混入に伴う製品回収事例は急増している。食品・飲料メーカー等では防虫を含む異物混入対策への関心、設備投資の必要性は従来以上に高まっており、より効果的なソリューションの導入が求められている。
 本稿では、食品業界において不可欠になっている異物混入対策の動向を踏まえ、異物混入防止に欠かせないⅩ線検査装置、金属検出機、各種異物検出機、防虫・防塵対策、防虫関連検査・コンサルテーションの最新動向を紹介している。
■異物混入・防虫対策に貢献する有力企業■
アンリツ産機システム
イシダ
島津製作所
太平洋エンジニアリング
トック・エンジニアリング
日新電子工業
大和製衡
日本マグネティックス
アース・バイオケミカル
富士フレーバー

関連記事

  1. 【10月号】脳機能改善素材の開発
  2. 「条件付トクホ」のハードルやいかに
  3. クロマト分析技術の最新動向
  4. 抗ストレス食品・素材の市場動向
  5. 健康食品市場1兆2,850億円(4%増)
  6. 【6月号】FOOMA JAPAN 2012(国際食品工業展)特別…
  7. クローズアップ
  8. 【8月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(8)
    食品…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP