未分類

【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向

~品質管理と原料費高騰で注目高まる鮮度保持技術~
わが国の食料自給率は約40%と低く、多くの食品を海外からの輸入に依存している。


現在では輸入される畜肉・水産製品は飼育から流通までシステム化されており、その多くが鮮度と品質を保つため解体後に冷凍されているが、解凍後の食味・食感を維持するために冷凍技術の進歩は目覚しく、適切に解凍することさえできれば、高品質な状態で使用できるようになってきている。しかしながら各加工・調理現場での解凍の状況は、冷凍技術の発達と同調しているとは言い難く、緩慢解凍法に代表される旧態依然とした方法で行われ、結果として品質や鮮度の劣化につながっていた。本稿では、食品の鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術と鮮度保持のための各種ソリューションの最新動向を紹介していく。
【注目の解凍装置メーカー】
日本ハイコム
日本プレハブ冷熱/フリーザーシステム

関連記事

  1. ●2003年食品の安全性問題が今年最大のテーマに
  2. 【市場動向】スーパーフルーツ素材の市場動向
  3. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向
  4. ユベリ博士の独創的ダイエット論<15>
  5. 編集部から
  6. 高齢化、二極化で様変わりする消費動向
  7. 機能性表示食品の発売動向を追う(40)機能性表示食品の届出・受理…
  8. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う(愛媛…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP