未分類

【品質安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術

日本での産地偽装表示や消費期限虚位表示のみならず、中国製品の異物混入事件などが社会的問題となる昨今、食品工業における品質管理システムやトレーサビリティの導入は、もはや避けて通れないものとなってきている。


同時に2次元コードやラベル、印字装置および印字検査機など履歴明確化のための資材や機器は、品質管理システムの構築を図る上でプレゼンスを一層高めている。
本稿では、グローバル化する食品事情や生産・加工方法の複雑化といった現状をかんがみ、トレーサビリティシステムをはじめとする生産/流通管理システムの構築において鍵を握る各種コードやタグ、さらに精密性、正確さ、鮮明さに加え、簡易操作性や環境配慮の対応が進む印字装置や印字検査機などの表示・記録関連技術などを紹介していく。
→続きは本誌をご覧ください。
◆◆◆【注目の印字ソリューション提供企業】◆◆◆
●サーマルプリンタ
イーデーエム 「待望のラジアルリボンセーブ対応の連続式ミドルクラスデビュー」
エムエスティ 「2つのサーマルで最適な印字ソリューションを提案」
●インクジェットプリンタ
紀州技研工業 「高機能から低価格まで大文字シリーズ充実」
マークテック 「安全と環境に配慮した“エコインク”搭載可能なIJP」
●ラベラー
STKトレーディング 「ラベル印字の可能性を拡大する卓上型3面貼りラベラー」

関連記事

  1. 【新素材レポ】新規甘味料 ネオテーム ―特徴と機能
  2. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の現状
  3. 【乾燥技術】食品の高品質化・環境対策で利用進む乾燥技術
  4. 【品質安全】Food ITソリューションの最新動向
  5. 支援技術レポート 高効率・余剰汚泥制御の新規活性汚泥システム
  6. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  7. 【素材レポ】カンカエキスのマウスリンパ細胞機能に及ぼす影響
  8. 乳化剤の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP