行政・業界ニュース

米国WFM 2020年・食品注目トレンド -「モリンガ」「テフ」「ゴールデンクロレラ」等-

米国最大の自然食品店ホールフーズマーケットは、来年の食品トレンドのトップ10を発表した。西アフリカ由来の機能性素材では、米国ではモリンガ、タマリンドといったスーパーフードや、テフ、フォニョ、ソルガムなどの雑穀が人気を呼んでいるという。また、健康機能に加え、自然に優しいパッケージや生産方法などが商品選択における重要指標になっており、“環境配慮”に対する消費者意識が一段と高まっている。

■健康機能+環境配慮、消費者意識が一段と
ホールフーズマーケットの国内外バイヤーや料理専門家を含む50人以上の有識者が、消費者の嗜好や世界中の食品およびウェルネス業界の展示会トレンドを分析し、来年に注目される食品トレンドのトップ10を発表した。

第1 位となったのは「再生農業」。「再生農業」は土壌や環境に利益をもたらす農業実践を意味し、近年米国では、土壌回復や生物多様性保全など、環境に配慮した生産方法が、消費者の商品選択における重要指標となっていることを理由に挙げている。

「ナチュラル・プロダクトツ・エキスポ」を主催するインフォーマ社が実施した最新調査でも、米国の消費者が健康・栄養食品を購入する際に重視する10項目で、「持続可能性」「クリーンラベル」「ゴミの減量化」などが挙げられており、“環境配慮”に対する消費者意識の高さがうかがえる。国内大手食品メーカーの商品開発担当者は「“健康”と“環境”は車の両輪。食品小売業の“環境”に対する取り組みも広がっており、健康志向食品、健康食品もその流れが加速するだろう」とみる。

第2 位は、「機能性代替小麦粉」。タンパク質や食物繊維などを含有する代替小麦粉として、果物や野菜、雑穀由来小麦粉の消費が拡大していると分析。品種別では、テフ粉、カリフラワー粉、バナナ粉、タイガーナッツ粉などが注目されているという。

第3 位は、「西アフリカ由来機能性素材」。米国の食品マーケットでは、“西アフリカのスーパーフード”として知られているモリンガやフルーツのタマリンドをはじめ、ソルガムきび、フォニョ、テフなどの雑穀がマーケットを賑わせている。さらに、ピーナッツ、ジンジャー、レモングラスを使用した伝統的な西アフリカ風味の料理人気が消費ニーズを後押ししていると分析している。

■キッズ向け健食、自然甘味料に脚光-人気の「CBD製品」来年も注目-
4 位には、「栄養価のある冷蔵食品」がランクイン。パッケージの技術革新により、調理時間の短縮化が進み、栄養価を維持しつつ、健康的な軽食を手軽に摂取できることが実現可能になったとして、「ニュートリションバーしかなかった時代ーズが拡大している」とみている。

5 位は「大豆フリー素材」。ヘンプシードや、ゴールデンクロレラなど大豆に代わる植物由来タンパク質素材に注目が集まっているという。

 

本記事の続きは「健康産業新聞 1679号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

関連記事
・米国ナチュラルプロダクツエキスポ「2019年」 3,580社出展、「CBD」展示企業3倍に
・【インタビュー】 米国サプライサイド(原料素材展)インフォーマ・ヘルス&ニュートリション部門部長
ツアー情報
 ・ナチュラルプロダクトエキスポアメリカ市場視察2020

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP