特集

  1. 3年ぶりの市場回復、1,071億円に(特集/青汁)

    本紙調査によると、2020年度の青汁製品市場(グリーンスムージー含む)は、前年比102%の推計1,071億円(小売ベース)と、3年ぶりに回復した。要因は新型コロナ禍での国民の健康意識の向上。食生活を見直す動きの中で、野菜不足の解消、腸内環境…

  2. ブーム収束とコロナ影響で 市場規模500億円割る(特集/酵素)

    ここ数年、500億円前半で推移していた酵素・酵母食品市場。一大ブームとなった酵素ダイエットが下火にな…

  3. シニアからアスリートまで広がるターゲット、「ロコモ」「スポーツ」「巣ごもり」キーワードに(特集/注目の関節素材)

    MSM、非変性Ⅱ型コラーゲン、プロテオグリカン、ボスウェリア、グァバ、ユニべスティン、タートチェリー…

  4. 「スムージー」に商機、米国トレンドがじわり浸透(特集/スーパーフード最前線)

    健康・美容・スポーツ志向を背景に、スーパーフード入りスムージーが世界的な注目を集めている。国内市場で…

  5. 米国でカンナビノイド規制緩和の動き 国内ではCBD原料の値下げも(連載/話題追跡)

    米国でCBD(カンナビジオール)の規制緩和の動きが広がっている。世界172の国と地域でテレビ放映され…

  6. 感染防御意識の高まりで脚光 欧米で利用増加、国内市場拡大の兆し(特集/βグルカン)

  7. 市場規模250億円突破、5年連続2ケタ成長(特集/珪素)

  8. 健食の〝おいしさ〞〝食べやすさ〞をサポート(特集/香料サプライヤーの健食戦略)

  9. エキス中心に青汁、茶類など好調(特集/クマザサ)

  10. 「ヴィーガン」「プラントベース」で一般食品での採用進む(特集/クロレラ)

PAGE TOP