特集

  1. 【ブルーベリー】アイケア+αにビジネスチャンス

     アイケア対策の代表格として君臨するブルーベリー。多種多様なアイケア素材が流通する中、認知度・エビデンス・体感性を武器に、堅調な市場を形成している。機能性表示食品の受理実績は120品を越え、「ピント調節のサポート」「一時的な首・肩の負担軽減…

  2. 【大麦】もち麦は第二次ブームへ

    もち麦はコンビニや飲食店、宅配デリバリーによる新規ユーザーの開拓が進んだことに加え、筋トレ系インフル…

  3. 【セラミド】大手参入で市場活性化にも期待

    グルコシルセラミドを配合した機能性表示食品が210品を超え、「肌の保湿、肌バリア機能の維持」のテーマ…

  4. 【ダイエット食品】トレンドは“腸活×ダイエット”

     ダイエット訴求の機能性表示食品は、機能性関与成分の種類が増え、「お腹まわり」「ウエスト」「体重」「…

  5. 【健康・美容飲料】受託6割が増収 、成長軌道に勢い

    飲料受託企業の6割が増収達成——。2023年度の健康・美容飲料の市場は、コロナ収束を受けV字回復した…

  6. 【アンチドーピング】五輪イヤー、AD認証・分析数共に右肩上がり

  7. 【フェムケア・フェムテック】製品理解向上がさらなる起爆剤に

  8. 【カキ】スポーツ領域、フェムケア分野で利用進む

  9. 【健康酢】機能性表示食品、 市場成長の起爆剤に !?

  10. 【ローヤルゼリー】老舗企業の奮闘で市場維持

PAGE TOP