特集

  1. 大豆ミートから植物性ミルクまで、プラントベースフード、「健康」「おいしさ」で市場形成本格化(特集/プラントベース)

    食分野に革新を起こす“フードテック”が黎明期を迎えている。農水省は昨年10月、代替タンパク質の開発や普及を推進する「フードテック官民協議会」を発足。世界的な人口増に伴うタンパク質不足を解決すべく、食品企業やベンチャー企業、研究機関と共に次世…

  2. 免疫対策で再評価 市場規模250億円に(特集/高麗人参)

    高麗人参の新たな市場創出が進んでいる。「高麗人参=滋養強壮・疲労回復」の認知・イメージに依存する事な…

  3. 豊かな地域資源とアカデミアが融合(特集/中国地方の健食産業)

    中国地方は、本州の西部に位置し5つの県が所在する地域だ。その中心には、中国山脈が横断しており、山脈を…

  4. テレワーク増加でアイケア需要高まる(特集/アイケア)

    高齢化、VDT(画面表示端末)作業人口の増加、スマートフォンの普及――など現代日本には、視力低下につ…

  5. 3年ぶりの市場回復、1,071億円に(特集/青汁)

    本紙調査によると、2020年度の青汁製品市場(グリーンスムージー含む)は、前年比102%の推計1,0…

  6. ブーム収束とコロナ影響で 市場規模500億円割る(特集/酵素)

  7. シニアからアスリートまで広がるターゲット、「ロコモ」「スポーツ」「巣ごもり」キーワードに(特集/注目の関節素材)

  8. 「スムージー」に商機、米国トレンドがじわり浸透(特集/スーパーフード最前線)

  9. 米国でカンナビノイド規制緩和の動き 国内ではCBD原料の値下げも(連載/話題追跡)

  10. 感染防御意識の高まりで脚光 欧米で利用増加、国内市場拡大の兆し(特集/βグルカン)

PAGE TOP