ヘッドラインニュース

厚労省など、健食被害防止で啓発冊子

【健康産業速報1438号トップニュース】厚生労働省、日本医師会、国立健康・栄養研究所は協力して、健康食品による健康被害防止のための情報を盛り込んだ小冊子を作成、全国の医師への配布を開始した。今月中にも厚労省ホームページで公開する。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、重大事故318件 健食は事実上ゼロ
◆健食フォーラム、第三者認証などに批判の声
◆全健協が30周年
◆アピと岐阜大、共同で蜂産品成分を研究
他ニュース多数!

関連記事

  1. 消費者庁、トランス脂肪酸の指針策定へ
  2. アガリクスのバイブル本事件、健食販社社長らに有罪判決
  3. 【速報】大阪で機能性表示セミナー 消費者庁・塩澤氏講演
  4. 家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス
  5. 都・健食講習会、事業者向けチェックリストを発表
  6. 09年度コラーゲン販売量、5000トン突破で過去最高
  7. FDA、サプリ新成分でガイダンス
  8. 松翔、南蛮毛粉末の原料供給開始
PAGE TOP