ヘッドラインニュース

厚労省など、健食被害防止で啓発冊子

【健康産業速報1438号トップニュース】厚生労働省、日本医師会、国立健康・栄養研究所は協力して、健康食品による健康被害防止のための情報を盛り込んだ小冊子を作成、全国の医師への配布を開始した。今月中にも厚労省ホームページで公開する。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、重大事故318件 健食は事実上ゼロ
◆健食フォーラム、第三者認証などに批判の声
◆全健協が30周年
◆アピと岐阜大、共同で蜂産品成分を研究
他ニュース多数!

関連記事

  1. 食品開発展が開幕
  2. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  3. 大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望
  4. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  5. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  6. 健食で健康被害? 死亡事例も報告
  7. ニュースキン、中国本土で直販ライセンスを取得
  8. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
PAGE TOP