ヘッドラインニュース

厚労省など、健食被害防止で啓発冊子

【健康産業速報1438号トップニュース】厚生労働省、日本医師会、国立健康・栄養研究所は協力して、健康食品による健康被害防止のための情報を盛り込んだ小冊子を作成、全国の医師への配布を開始した。今月中にも厚労省ホームページで公開する。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、重大事故318件 健食は事実上ゼロ
◆健食フォーラム、第三者認証などに批判の声
◆全健協が30周年
◆アピと岐阜大、共同で蜂産品成分を研究
他ニュース多数!

関連記事

  1. 栄養食糧学会、13日から都内で 健食成分の新知見続々
  2. 抗加齢医学会 CoQ10、1200mgまで安全
  3. 06年健康食品市場 6%減の1兆2100億円に 成長神話、ついに…
  4. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
  5. 米サプリ市場、「含まず」訴求が増加
  6. 厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約
  7. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  8. 「歯科トクホ研究会」設立 新規表示の開発支援 「歯茎の健康」「口…
PAGE TOP