ヘッドラインニュース

ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入

 ハウス食品グループ本社は、独自の「乳酸菌HK L-137」を活用した乳酸菌事業を本格化すると発表した。健康食品やサプリメントの展開のほか、グループ各社が展開するカレーや飲料、菓子類など、幅広い商品にも乳酸菌を配合していく。

 同社ではこれまで、米国や台湾でサプリメント向け、水産畜産の飼料向けに原料供給を行ってきたが、今後は自社ブランドへの活用によって、乳酸菌事業を主力事業に育成していく考え。2021年3月期に70億円、2024年3月期に100億円の売上を目指す。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置
  2. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
  3. 厚労省 新特保制度が確定 1日に規格基準型スタート
  4. チッソ、コラーゲンペプチドの供給開始
  5. 公取委、ダイエット健食で排除命令
  6. 食品開発展、大盛況 4万人以上が来場 新素材続々、市場活性化へ
  7. 特保取得企業、半数は中小メーカー 中小公庫がレポート
  8. 国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等
PAGE TOP