ヘッドラインニュース

ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入

 ハウス食品グループ本社は、独自の「乳酸菌HK L-137」を活用した乳酸菌事業を本格化すると発表した。健康食品やサプリメントの展開のほか、グループ各社が展開するカレーや飲料、菓子類など、幅広い商品にも乳酸菌を配合していく。

 同社ではこれまで、米国や台湾でサプリメント向け、水産畜産の飼料向けに原料供給を行ってきたが、今後は自社ブランドへの活用によって、乳酸菌事業を主力事業に育成していく考え。2021年3月期に70億円、2024年3月期に100億円の売上を目指す。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 経産省、「元気なモノ作り中小企業」300社決定 健食企業も
  2. 東京都薬剤師会 健食データベース作成へ
  3. コーデックス部会、食物繊維の表示条件など議論
  4. 厚労省、アガリクスのリスク評価を食品安全委に依頼
  5. ラクトフェリンで大腸がん予防、臨床試験で確認
  6. 長野県、女性の4割が健食を利用
  7. 厚労省 大豆イソフラボンで指針案 特保以外の健食も対象に
  8. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
PAGE TOP