ヘッドラインニュース

DgSの健食販売、2月は4.3%増

経済産業省は3月29日、2月の商業動態統計の速報値を発表、ドラッグストアの健康食品販売額は4.3%増で、24ヵ月連続のプラスとなった。

2月のDgS販売額は5013億円で、前年同月比4.4%増。店舗数は1万5746店舗で、同5.0%増となった。青汁やダイエットサプリなど「健康食品」の販売額は169億円で、同4.3%増と好調だった。

市場を支えてきたインバウンドは、今年1月の中国「電子商務法」施行による影響を受けたが・・・(全文は4月2日配信号)

関連記事

  1. 北海道、健食3品から医薬品成分
  2. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
  3. 米CRN調査、医師の79%が患者にサプリ推奨
  4. ファイン、合格サプリメント「卵黄コリン」を上市(1/24)
  5. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  6. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  7. ミツバ貿易、沙棘ストレート果汁の供給開始
  8. 「新潟県健康ビジネス協議会」発足
PAGE TOP