ヘッドラインニュース

DgSの健食販売、2月は4.3%増

経済産業省は3月29日、2月の商業動態統計の速報値を発表、ドラッグストアの健康食品販売額は4.3%増で、24ヵ月連続のプラスとなった。

2月のDgS販売額は5013億円で、前年同月比4.4%増。店舗数は1万5746店舗で、同5.0%増となった。青汁やダイエットサプリなど「健康食品」の販売額は169億円で、同4.3%増と好調だった。

市場を支えてきたインバウンドは、今年1月の中国「電子商務法」施行による影響を受けたが・・・(全文は4月2日配信号)

関連記事

  1. 日健栄協、改革の7本柱を発表
  2. 東京都 健食表示の規制強化
  3. 日本薬品開発、米国健食市場に本格参入
  4. 岐阜県、新事業育成プロジェクト 健康ビジネスも対象
  5. メタボ症候群、認知度が急上昇 オムロンヘルスケア調査
  6. JT、GABA含有の新機能性飲料を発売
  7. 厚労省・増田氏、健食安全性などで法制度改正も視野 CRN勉強会で…
  8. 栄養成分表示の義務化へ
PAGE TOP