ヘッドラインニュース

DgSの健食販売、2月は4.3%増

経済産業省は3月29日、2月の商業動態統計の速報値を発表、ドラッグストアの健康食品販売額は4.3%増で、24ヵ月連続のプラスとなった。

2月のDgS販売額は5013億円で、前年同月比4.4%増。店舗数は1万5746店舗で、同5.0%増となった。青汁やダイエットサプリなど「健康食品」の販売額は169億円で、同4.3%増と好調だった。

市場を支えてきたインバウンドは、今年1月の中国「電子商務法」施行による影響を受けたが・・・(全文は4月2日配信号)

関連記事

  1. 「あるある」後継番組、4月以降もローカルで
  2. 「健康食品に政府の規制を」 国政モニターが提言
  3. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
  4. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  5. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  6. 特保新たに7品、総研611品目に
  7. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  8. 日油、機能性食品の新工場を竣工 健食OEM事業を強化
PAGE TOP