ヘッドラインニュース

上半期のDgS健食販売額4.7%増

 経済産業省が7月30日に発表した「商業動態統計速報」で、今年上半期におけるドラッグストアの健康食品販売額は前年同期比4.7%増となった。店舗数の増加と、インバウンド効果が背景にあるとみられる。
ドラッグストアの1~6月の累計販売額は3兆1255億円で、前年同期比6.6%増。サプリメント、ダイエット食品、粉末青汁、健康茶などを対象とする「健康食品」の1~6月累計は1063億円で、前年同期比4.7%増だった。

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  2. 厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約
  3. セイジョー過去最高益、健食売上は20%増
  4. 健康食品のバイブル本が激減
  5. 自民党・花粉症議連、健食含む民間療法の有効策を行政に要請
  6. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
  7. 松翔、南蛮毛粉末の原料供給開始
  8. 公取委、消費者取引で「適正化推進員制度」スタート
PAGE TOP