ヘッドラインニュース

上半期のDgS健食販売額4.7%増

 経済産業省が7月30日に発表した「商業動態統計速報」で、今年上半期におけるドラッグストアの健康食品販売額は前年同期比4.7%増となった。店舗数の増加と、インバウンド効果が背景にあるとみられる。
ドラッグストアの1~6月の累計販売額は3兆1255億円で、前年同期比6.6%増。サプリメント、ダイエット食品、粉末青汁、健康茶などを対象とする「健康食品」の1~6月累計は1063億円で、前年同期比4.7%増だった。

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 制度拡充、エキス追加へ 「機能性表示」検討会、各論決着
  2. ユニチカ、「ハナビラタケ倶楽部」シリーズ6品を上市
  3. 聘珍樓、燕の巣サプリで健食市場に参入
  4. 経産省 健食ネット表示で「ルール」規定
  5. ファンケル、47都道府県すべてに直営店舗出店
  6. サントリー08年方針、健食事業で売上335億円目指す
  7. 厚労省、スギ花粉健食問題「因果関係否定できない」
  8. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
PAGE TOP