ヘッドラインニュース

上半期のDgS健食販売額4.7%増

 経済産業省が7月30日に発表した「商業動態統計速報」で、今年上半期におけるドラッグストアの健康食品販売額は前年同期比4.7%増となった。店舗数の増加と、インバウンド効果が背景にあるとみられる。
ドラッグストアの1~6月の累計販売額は3兆1255億円で、前年同期比6.6%増。サプリメント、ダイエット食品、粉末青汁、健康茶などを対象とする「健康食品」の1~6月累計は1063億円で、前年同期比4.7%増だった。

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 都、4~5月に健食製造業の立入調査
  2. 健食懇、健食ユーザー対象に調査 64%が満足
  3. リケン社長に石原二郎氏
  4. 栄養改善学会、25日から茨城で CoQ10+カルニチンで脂肪燃焼…
  5. 白鳥製薬、花粉サプリメント本格展開へ
  6. アニュー、80種類の作物の発酵食品に注力
  7. エコナ問題、特保制度に波及
  8. 薬学会、28日から富山で CoQ10、リポ酸等発表 コタラヒムが…
PAGE TOP