ヘッドラインニュース

上半期のDgS健食販売額4.7%増

 経済産業省が7月30日に発表した「商業動態統計速報」で、今年上半期におけるドラッグストアの健康食品販売額は前年同期比4.7%増となった。店舗数の増加と、インバウンド効果が背景にあるとみられる。
ドラッグストアの1~6月の累計販売額は3兆1255億円で、前年同期比6.6%増。サプリメント、ダイエット食品、粉末青汁、健康茶などを対象とする「健康食品」の1~6月累計は1063億円で、前年同期比4.7%増だった。

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 農研機構「機能性表示、積極活用」 20億予算、ヒトデータを蓄積
  2. 特保早くも650品に、4ヵ月で約50品許可
  3. ハウス食品、ウコンのアルコール代謝作用を実証
  4. CoQ10健食、崩壊性等に問題ある製品も
  5. 農水省、加工食品に新表示ルール
  6. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  7. 「クリーンラベル」拡大、米ナチュラルエキスポ
  8. 厚労省・大川広告専門官 健食の存在、真っ向否定 国際問題に発展す…
PAGE TOP