ヘッドラインニュース

家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス

 総務省統計局は7日、10月分の家計調査報告を発表、健康食品の支出額は前年同月比約4%増となり、7ヵ月ぶりのプラスになった。今年度に入り低迷していた無職世帯が大幅増となった。なお1~10月累計は前年同期比2・4%減。一方、ネット通販に絞った調査では、健康食品は25ヵ月連続の増加となった。(健康産業速報12月11日号に全文)

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  2. アガリクス協議会が記者会見、「問題となった製品以外は安心」
  3. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  4. 特保に弱点? 日健栄協講習会で井藤氏指摘
  5. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  6. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
  7. 日本ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド規格を制定
  8. 食品免疫学会 初の学術大会に300人超
PAGE TOP