ヘッドラインニュース

家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス

 総務省統計局は7日、10月分の家計調査報告を発表、健康食品の支出額は前年同月比約4%増となり、7ヵ月ぶりのプラスになった。今年度に入り低迷していた無職世帯が大幅増となった。なお1~10月累計は前年同期比2・4%減。一方、ネット通販に絞った調査では、健康食品は25ヵ月連続の増加となった。(健康産業速報12月11日号に全文)

 

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置
  2. 福井県が来月講演会、「長寿の秘訣」を伝授
  3. 機能性評価事業 「評価パネル」取組開始
  4. 健康科学学会シンポ、健食安全性評価など議論
  5. 内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える
  6. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
  7. 厚労省の健食安全性検討会が報告書骨子案、6月に決着
  8. 小林製薬、東洋新薬と合弁会社設立 健食の企画開発
PAGE TOP