注目の記事

特保、機能性表示食品が圧倒?

消費者庁は17日、厚労省及び農水省と共同で、「健康食品の安全性や機能性に関する意見交換会」を開催した。国立健康・栄養研究所情報センター長の梅垣敬三氏が基調講演。


特保ほどコストをかけずに企業が機能表示を行えるようにしたのが現在の機能性表示食品制度であり、最終的に商品選択をする消費者の理解が進まない限り、特保は機能性表示食品に圧倒される結果となるだろうと指摘、消費者教育の重要性を訴えた。
意見交換に参加した農林水産技術会議事務局研究推進課の石堂次郎氏は、生鮮品の機能・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページの業界最前線/最新情報をサッと整理、業界座標軸を見失うな!
(WEBでは一部の紹介のみです。「健康産業速報」紙面をご購読ください。)

毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円


関連記事

  1. 機能性表示の届出資料、確認体制を強化 16年度補正予算案
  2. カゴメ、FiNCと業務提携 健康食品の開発も
  3. 機能性表示239品に、イオントップバリュが2品目
  4. 日本バイオコン、国内製造ウマプラセンタの供給開始
  5. フロイント産業第1四半期、売上高30%増
  6. カイゲン「ガニアシ」新展開 毛髪のアンチエイジング提案
  7. 東洋新薬、愛媛県と共同研究 希少柑橘で新発見
  8. イデアプロモーション、「アルマテラ」に社名変更
PAGE TOP