注目の記事

日健栄協がフコイダン部会、「第一ステップは定義化」

日本健康・栄養食品協会は、「フコイダンおよび酵素処理フコイダン食品(仮称)」専門部会を立ち上げた。部会長は宝ヘルスケア、副部会長は海産物のきむらや、幹事会社は第一産業、サウスプロダクト、理研ビタミン。


そのほか、金秀バイオ、タカラバイオ、ヴェントゥーノなど8社で部会を構成。22日に第一回専門部会を開催、・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 静岡県、化粧品生産額で3年連続日本一
  2. 三井製糖、パラチノースで「糖質スローオン」提唱
  3. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
  4. 元CRN議長「スーパーフードは過去のもの、トレンドは腸内環境」
  5. 食安委、栄養成分で新指標「HOI」示す リスク評価指針案
  6. 大塚食品、カレーの機能性表示食品
  7. 生でも食べられるケールが市場に
  8. ペプチドの国際学術研究会、5月20日より広東省で
PAGE TOP