注目の記事

訪日中国人消費、初の1兆円超え


観光庁15年調査

観光庁は5日、訪日外国人消費動向調査の2015年度確報値を発表した。訪日外国人が旅行中に消費する額は、年間総額で3兆4771億円(前年比71.5%増)、一人当たりでみると17万6167円(前年比16.5%増)となり、いずれも大きく数字を伸ばした。観光庁観光戦略課は、「よい数字であり、いままでの施策の成果が出ている。」としている。


政府は先月、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長:内閣総理大臣)において、新たな観光ビジョンを策定しており、2020年までに訪日観光客4000万人、消費額8兆円、30年までには6000万人、消費額15兆円を目指すとしている。観光庁観光戦略課では、新たな目標について、「あと4年で倍以上の目標を達成するには、さらなる施策を打っていく必要がある。」として、野心的ともいえる数字に意欲的に取り組む姿勢を見せている。
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 農水省事業、21日に柑橘などの研究成果発表
  2. カイゲン「ガニアシ」新展開 毛髪のアンチエイジング提案
  3. 日本水産、機能性表示でEPA・DHAの提案積極化
  4. DIC、スピルリナ青色素の生産能力増強 13億円投資
  5. 欧州、新規食品制度を18年に刷新 食経験は「25年以上」
  6. 糖質制限とカロリー制限、有効なのは?ダイエットフォーラム
  7. アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」
  8. サビンサグループの世界販売、年率2割増で伸長
PAGE TOP