注目の記事

訪日中国人消費、初の1兆円超え


観光庁15年調査

観光庁は5日、訪日外国人消費動向調査の2015年度確報値を発表した。訪日外国人が旅行中に消費する額は、年間総額で3兆4771億円(前年比71.5%増)、一人当たりでみると17万6167円(前年比16.5%増)となり、いずれも大きく数字を伸ばした。観光庁観光戦略課は、「よい数字であり、いままでの施策の成果が出ている。」としている。


政府は先月、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長:内閣総理大臣)において、新たな観光ビジョンを策定しており、2020年までに訪日観光客4000万人、消費額8兆円、30年までには6000万人、消費額15兆円を目指すとしている。観光庁観光戦略課では、新たな目標について、「あと4年で倍以上の目標を達成するには、さらなる施策を打っていく必要がある。」として、野心的ともいえる数字に意欲的に取り組む姿勢を見せている。
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 京大、ビタミンDに脂質量抑制効果を確認
  2. 南さつま市、クラウドファンディング事業1号に長命草
  3. 特保取消の日本サプリメントに課徴金、計5471万円
  4. 消費者庁、健食等ネット表示で改善要請 15年度は400社に
  5. フルクトースの血糖値低減作用、SRで確認
  6. プロテインケミカル、L-シスチンに毛質強化・改善効果
  7. 機能性表示470品に、エーエフシーが初受理
  8. 魚油の脂質代謝改善、朝食時の摂取が効果的
PAGE TOP