注目の記事

健康食品産業協議会、4月から一般社団法人に

4月に一般社団法人として新たなスタートを切った健康食品産業協議会は25日、都内で設立記念式典を開催、メディアを含めて約190人が参加した。


協議会は09年に発足、現在7業界団体が参加。関口洋一会長は冒頭、今年4月1日付で一般社団法人となり、健康食品業界の代表として活動し、関連制度を「消費者・事業者の双方にとってより良いものにしていきたい」と語った。今後、活動基盤を整備し、実施可能なものから順次着手、来年度から本格的な活動を行っていくとした。
理事は、日本健康・栄養食品協会事務局長の青山充氏、健康と食品懇話会会長の原孝博氏、サプリメント・エグゼクティブ会議代表世話人の駒村純一氏ら・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」…
  2. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  3. 医療費、41.5兆円に拡大
  4. 16年度「総世帯」サプリ支出、1%増
  5. 機能性表示、15年度届出分をデータベースに移行 検索可能に
  6. アルビータ、佐賀のアスタキサンチン培養工場が完成
  7. 特保批判の週刊誌報道、有効性審査には「影響ない」
  8. 通販協、折込チラシ600件を調査 25%に改善点
PAGE TOP