注目の記事

健康食品、軽減税率制度の対象に 国税庁がQ&A

国税庁は12日、消費税の軽減税率制度に関するQ&Aを公表した。来年4月からを予定している消費税アップと同時に、軽減税率制度が導入される。これによって、軽減税率8%と標準税率10%の複数税率になる。軽減税率の対象は、酒類・外食を除く飲食料品と、週2回以上発行される定期購読契約に基づく新聞。


Q&Aでは75の個別事例について説明。軽減税率の対象となる「飲食料品」は、食品表示法に規定する食品とし、食品衛生法に規定する添加物を含める。薬機法が規定する医薬品、医薬部外品、再生医療等製品は除外。「食品」は”人の飲用または食用に供されるもの”と定義されるため、家畜飼料やペットフードは軽減税率の対象外となる。
・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 訪販協が総会、法令順守で啓発パンフ
  2. 経団連が規制改革要望、原料原産地表示に懸念 「経営を圧迫」
  3. ホルス、サミー含有酵母で臨床試験 健康博覧会で発表
  4. 富士フィルム、中国の医薬品企業に出資
  5. 特保・機能性表示への監視、より厳しく
  6. 消費者委、東洋新薬の特保表示で2品評価「問題なし」
  7. 日健栄協、15年特保市場は4%増の6391億円
  8. 8月に和漢医薬学会、蜂蜜の鎮咳作用など
PAGE TOP