注目の記事

消費者市民社会をつくる会、「機能性表示」79品の評価結果発表

一般社団法人消費者市民社会をつくる会(阿南久理事長)は1日、機能性表示食品79品の評価結果を発表、安全性はすべて「問題なし」と判定した。79品中71品は、同会が設置した科学者委員会の評価基準にも適合。一部で消費者庁ガイドラインに対する異なる解釈もあったとしつつ、「多くの企業が機能性表示食品制度の趣旨に沿った届出を行っている現状が明らかになった」としている。


同会は昨年10月に科学者委員会を設置。届出番号A1~80のうち、・・・
(詳しくは5月6日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 健食懇会長・原氏、機能性表示で対象成分拡充を要望
  2. 通販協新会長に阿部氏 「通販のメインは電子商取引に」
  3. アサヒグループHD、「乳酸菌と免疫」の関連で新知見
  4. 死因1位はがん、厚労省・15年人口動態統計
  5. 消費者庁、えがおの黒酢表示で措置命令
  6. フロイント産業決算、機械部門好調で売上高9%増
  7. 次世代の農林水産技術、5月にシンポ
  8. キティ―、大麦エキス乳酸菌発酵物で「むずむず脚症候群」改善
PAGE TOP