ヘッドラインニュース

抗加齢医学会、6月に横浜で 「機能性表示」施行1年でシンポ

sokuhou.jpg

健食素材多数、RJやビルベリー等
第16回日本抗加齢医学会総会が6月10日~12日、パシフィコ横浜で開催される。シンポジウム「機能性表示食品制度施行1年を振り返って」を企画、6人が登壇。消費者庁次長の川口康裕氏が、同制度の状況について講演する。また神奈川県知事の黒岩祐治氏による特別招聘講演「ヘルスケア・ニューフロンティア」が行われる。味の素の木村毅氏は、「食品機能性が開く未来」と題し講演する。


ミニセミナー「食品調査の報告」では、日本健康・栄養食品協会の特定保健用食品部技術部会・西村栄作氏(森永製菓)が、EUの健康強調表示の調査結果を発表。また特保や機能性・・・
(詳しくは5月10日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 食事バランスガイド、達成率低く・・農水省職員でも「実践難しい」
  2. 厚労省 20年度予算案 健食の安全性確保を重視 ネット広告の監視…
  3. 健食含む「食料品」の18年度通販売上高、前年比1・7%増に
  4. 食品開発展 783小間、アジア最大規模の素材展に
  5. 東洋新薬、伊藤忠食品と健食新会社設立
  6. 厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的…
  7. 特保マーク「消費者庁許可」に
  8. アムスライフ、自然食品販売の正直村を子会社化へ
PAGE TOP