ヘッドラインニュース

15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地

bulletin_2027.jpg

総務省統計局が4月28日に公表した2人以上世帯対象の家計調査報告で、2015年度のサプリメント支出が前年度比0.4%増となったことが分かった。2月まで5か月連続のマイナスが続き前年度実績を下回っていたが、3月は金額・伸び率ともに15年度最高となり、わずかながらもプラスで着地した。


3月の「2人以上世帯」における消費支出は、1世帯当たり30万889円で、前年同月比は、実数と比較した「名目」、物価変動を考慮した「実質」ともに5.3%減。実質のマイナス幅は15年度最大となっており、消費の落ち込みが際立った。
保健医療費は・・・
(詳しくは5月6日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 果物や野菜が特保に? 政府が規制改革計画を閣議決定
  2. 東京都 テレビの健康情報を調査
  3. 健食新制度、検討会「決着」
  4. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  5. ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに
  6. BHNと丸善薬品産業、抗アレルギー素材「アンチアレーゼ」
  7. 機能性表示食品、600品突破 16年度受理数、前年越えへ
  8. JIHFS、GMPフォーラムでバリデーションを解説
PAGE TOP