注目の記事

消費者庁、健食等のネット監視で230社に改善要請

消費者庁は20日、インターネットにおける一般食品を含めた健康食品の表示監視の結果、230事業者の306品について、健康増進法に抵触するおそれがあるとして改善要請を行ったと発表した。サプリ剤型の「いわいる健康食品」はこのうち92品だった。


監視は昨年10~12月に実施。がんや関節痛など疾病の治療・予防効果があるような表現、脂肪吸収・肝機能など・・・
(詳しくは5月24日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 4月の家計調査、サプリ支出12%増
  2. 常盤植物、ビルベリーに目の疲れ・乾き改善効果 論文掲載へ
  3. スポーツ参加市場規模、約2.4兆円に
  4. 米国CRN、悪質業者を非難 風評被害に懸念
  5. フロイント産業第1四半期、売上高30%増
  6. クオリカプス、開発展で差別化カプセルを披露
  7. オルガノフードテック、機能性素材の加工事業を本格始動
  8. オリザ油化、秋田県産じゅんさい使用の機能性素材
PAGE TOP