注目の記事

消費者庁、健食等のネット監視で230社に改善要請

消費者庁は20日、インターネットにおける一般食品を含めた健康食品の表示監視の結果、230事業者の306品について、健康増進法に抵触するおそれがあるとして改善要請を行ったと発表した。サプリ剤型の「いわいる健康食品」はこのうち92品だった。


監視は昨年10~12月に実施。がんや関節痛など疾病の治療・予防効果があるような表現、脂肪吸収・肝機能など・・・
(詳しくは5月24日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  2. 「これからは米も機能性の時代」 エコ・ライス新潟、豊永氏
  3. 元CRN議長「スーパーフードは過去のもの、トレンドは腸内環境」
  4. 高齢者の低栄養にペプチド、QOL改善も 問題はおいしさ
  5. 日清ファルマ、タマネギアリインで男性更年期症状改善
  6. フロスト&サリバン、英国のEU離脱「サプリに影響も」
  7. 日健栄協、15年特保市場は4%増の6391億円
  8. 最近1年の摂取経験、1位「健食」37% 特保14% 栄機11%
PAGE TOP