注目の記事

マレーシアで「ピクノジェノール」研究報告会開幕

ホーファーリサーチ社(スイス)が主催する「ピクノジェノール第13回アジア地区ミーティング」が1日、マレーシア・ランカウイ島で始まった。中国、韓国、日本、マレーシア、台湾、シンガポールなどアジア各地から約120人が参加。4日まで開催される。


研究成果として、イタリア、ドイツ、オーストラリアなどで実施された臨床試験を中心に報告。長期記憶など認知機能の改善、肝機能改善、抗疲労、美肌作用などのほか、動脈硬化症および血栓症の予防、変形性関節症の改善など、医療従事者向けの演題を含む研究成果が発表された。
(6月3日付「健康産業速報」)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 龍榮総研、「緑豆エキス」の採用増加
  2. 3月に長崎で薬理学会、「機能性食品における薬理学」等
  3. ラビジェ、乳酸菌発酵コラーゲンの供給開始
  4. ルスロ社、牛骨ゼラチンの国内提案本格化
  5. ポーラ、美容健康食品を発売 油になじむVCを使用
  6. 米国素材を介護食に 米大使館がセミナー
  7. アーモンドで悪玉コレステロール低下、SRで確認
  8. 野菜・果物、摂取多いほど「肝外胆管がん」リスク低く
PAGE TOP