注目の記事

森川健康堂、研究所敷地を仮設住宅用地として無償提供

熊本県上益城郡に本社を置く森川健康堂は、自治体からの要請を受けて、近接する研究施設「健康平和研究所」の敷地の一部を仮設住宅用地として無償で提供することを決めた。


熊本地震により、同社が所在する甲佐町は甚大な被害を受けた。復興に向けた動・・・
(詳しくは6月24日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. DSM、機能性表示サポートで受理実績40以上
  2. ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣
  3. 大塚食品、カレーの機能性表示食品
  4. 寿物産、黒クコの濃縮エキス供給に着手
  5. ユーグレナ、ミドリムシ増産 年産160t体制に
  6. 米国でアーモンドミルクブーム、市場規模が豆乳の3倍に
  7. もち麦製品、売り切れ続出
  8. 新潟市、独自の機能性表示制度を創設 サプリは対象外
PAGE TOP