注目の記事

カナダ、食生活が脳機能に影響 臨床実験に着手

人の脳機能研究で知られるロットマン研究所(カナダ・トロント)は、バランスのとれた食事が高齢者の脳機能改善につながるとの考えを示し、そのための食生活指針を発表した。


バランスのとれた食事によって、「アルツハイマー病の発症リスクが36%低下し、軽度認知機能障の発症リスクが27%低下する」としている。ロットマン研究所は・・・

(詳しくは4月11日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 米国NPA、サプリで業界新基準 サプライチェーン全体対象
  2. ダイドードリンコ第3四半期、飲料受託部門売上1.4%増
  3. 大川原化工機、乳化分散装置を開発
  4. 電通、食品原料開発の米ベンチャーに出資 コオロギ抽出タンパク
  5. 豆乳市場拡大、「料理への活用提案」が奏功
  6. アスク薬品、トンカットアリの免疫調整機能で論文発表
  7. 日本バリアフリー、「マリンプロテオグリカン」供給開始
  8. 日本製粉、秋季新商品で機能性表示食品や青汁など投入
PAGE TOP