注目の記事

都が食品表示法で講習会、製造所固有記号など解説

東京都の主催による「食品表示法講習会」が22日に開催され、生活品質科学研究所コンサルティング本部の福地祐治氏が解説を行った。午前・午後の2回開催され、計547人が参加した。


同氏は食品表示について、旧制度からの主な変更点を中心に説明。製造所固有記・・・

(詳しくは11月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


申込受付中 食品分野の用途特許に特化したセミナー・個別相談会
2017年1月27日(金)、UBMメディアでは食品分野に詳しい弁理士の先生2名をお招きし、機能性食品の開発・製造に関連する企業様に特化した特許セミナーおよび個別相談会を行います。


関連記事

  1. 東洋新薬、佐賀県に新工場建設 65億円投資、19年春竣工
  2. ビースタイル、健食関連子会社を設立
  3. サンクロ、クロレラで機能性表示届出 新知見も
  4. 中国先行のペプチド産業 日本は基礎研究の強み生かせるか?
  5. 京大、クルクミン化合物に抗がん作用 医薬品開発へ
  6. 丸大食品、プラズマローゲン「脳神経細胞新生」で特許
  7. 富士フィルムの機能性表示食品、販売数量が計画の倍以上
  8. 兵庫県支援事業、バジルで機能性表示狙う
PAGE TOP