注目の記事

ダイドードリンコ第3四半期、飲料受託部門売上1.4%増

ダイドードリンコが28日に発表した第3四半期(2016年1月21日~10月20日)の連結決算は、売上高が1322億33百万円(前年同期比15.2%増)、営業利益が44億24百万円(同10.7%増)となった。


各セグメントとも、販売・受注が堅調・・・

(詳しくは11月29日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. カルシウムサプリによる循環器系疾患への懸念、「関連性なし」
  2. ブラジル大使館、今月に食品展示会
  3. 京都消費者契約ネットワーク、健食企業に表示差止請求
  4. アサヒグループ食品、スーパーフード配合のダイエット食品
  5. 機能性素材の市場規模、微増の1009億円 矢野経済
  6. 誠心製薬、小ロット受託推進 ハード・錠剤・ゼリー等対応
  7. 睡眠環境の総合コンサル可能に グレーゾーン解消制度
  8. メタボリック、スムージーで人気カフェとコラボ
PAGE TOP