注目の記事

ダイドードリンコ第3四半期、飲料受託部門売上1.4%増

ダイドードリンコが28日に発表した第3四半期(2016年1月21日~10月20日)の連結決算は、売上高が1322億33百万円(前年同期比15.2%増)、営業利益が44億24百万円(同10.7%増)となった。


各セグメントとも、販売・受注が堅調・・・

(詳しくは11月29日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 8月に本誌セミナー、食品の知財事情最前線テーマに
  2. マツモトキヨシ、機能性表示食品のスムージー売上2ケタ伸長
  3. ローソン、乳酸菌配合のブランパン発売
  4. ユニアル、国産もみじエキス末のOEM提案開始
  5. 機能性表示1品追加、計941品に
  6. 日本とスウェーデン、フレイル対策で機能食品開発
  7. 食流機構、全国13カ所で「機能性表示食品セミナー」
  8. ユーグレナ市場規模、100億円突破
PAGE TOP