注目の記事

協和薬品、3品目の機能性表示受理 OEM推進

協和薬品は、L-テアニンを含むサプリメント「起床快調」が機能性表示食品として受理された。


同社の機能性表示食品は、大豆イソフラボンを含む「健康骨々」、アスタキサンチンを含む・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. PS研究会、リゾホスファチジルセリンの効果など発表
  2. 特保・機能性表示への監視、より厳しく
  3. プロテインケミカル、グルコサミンでダブル機能表示可能に
  4. 薬学会がハイライト集、蜂蜜の鎮咳作用など
  5. 原料原産地表示に懸念の声「検討の差し戻しを」
  6. 機能性表示235品に マルハニチロ、Mizkanが10品超
  7. ハウスウェルネス。全13ビタミン配合の飲料・サプリ
  8. 骨代謝学会、7月に大阪で 栄養・食料学会とシンポ
PAGE TOP