ヘッドラインニュース

国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等


「社会実装」重視、商品化進む

内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「次世代機能性農林水産物・食品の開発」の進捗状況を報告するシンポジウムが5日に開催され、桑の葉、γ‐オリザノール、オリーブ、酒粕などで社会実装を見据えた研究が進んでいることが報告された。


国家プロジェクトであるSIPは11課題が設定されており、この中の「次世代農林水産業創造技術」で機能性食品開発などが進められている。現在3年目で、実施・・・

(詳しくは12月6日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 健食安全性ガイドライン、業界統一案は今月末
  2. 農産物「機能性表示」で取組加速
  3. 制度拡充、エキス追加へ 「機能性表示」検討会、各論決着
  4. サントリー、「黒烏龍茶」の年間販売計画を上方修正
  5. 期待される条件付き特保 「アレルギー抑制」「抗疲労」等 農研機構…
  6. 「食とメタボ」シンポに230人
  7. 経産省、エステ業者3社に業務停止命令 強引にサプリ等販売
  8. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
PAGE TOP