ヘッドラインニュース

国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等


「社会実装」重視、商品化進む

内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「次世代機能性農林水産物・食品の開発」の進捗状況を報告するシンポジウムが5日に開催され、桑の葉、γ‐オリザノール、オリーブ、酒粕などで社会実装を見据えた研究が進んでいることが報告された。


国家プロジェクトであるSIPは11課題が設定されており、この中の「次世代農林水産業創造技術」で機能性食品開発などが進められている。現在3年目で、実施・・・

(詳しくは12月6日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 健康産業速報ロゴ2 機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減
  2. 日清ファルマ、CoQ10健食のラインアップ強化
  3. 健康博覧会記念セミナー 厚労省・増田氏が登壇 スギ花粉健食問題 …
  4. 「サミー」の受理、業界で話題に
  5. キューサイ、特保市場に本格参入
  6. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  7. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
  8. エコナ問題、特保制度に波及
PAGE TOP