注目の記事

JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増

日本広告審査機構(JARO)は11月30日、16年度上半期の審査概況について、総受付件数が前年同期比25.4%増の5057件になったと発表した。


このうち「苦情」は同20.7%増の3594件だった。業種別で苦情の4位だった「健康食品」は、・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. シンギー、血流サポートの新原料「丹参葉」供給開始
  2. JAMA、葉酸サプリ「すべての女性に」
  3. 炭酸Ca、ステアリン酸Mgの基準改正へ
  4. EFSA、砂糖の健康影響評価に着手
  5. 機能性表示、計362品に 太田胃散など3社が初受理
  6. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  7. 米スポーツオーソリティが破たん 通販との競争激化で
  8. 新潟の健康政策、「要配慮者向け災害食」認証立ち上げへ
PAGE TOP