注目の記事

JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増

日本広告審査機構(JARO)は11月30日、16年度上半期の審査概況について、総受付件数が前年同期比25.4%増の5057件になったと発表した。


このうち「苦情」は同20.7%増の3594件だった。業種別で苦情の4位だった「健康食品」は、・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. ファンケル、忙しい時期のワンパックサプリ
  2. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  3. 機能性表示、オンライン登録で受理始まる 計306品に
  4. 消費者庁・新長官の岡村氏、「悪質ビジネス成り立たないように」
  5. 日本印刷工業、健食向けのオリジナル化粧箱を提案
  6. テルヴィス、新素材のラクトフェリンに引き合い
  7. 機能性表示食品、制度見直しで受理品再確認の可能性も
  8. 森永乳業、ヨーグルトで米国市場参入
PAGE TOP