注目の記事

JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増

日本広告審査機構(JARO)は11月30日、16年度上半期の審査概況について、総受付件数が前年同期比25.4%増の5057件になったと発表した。


このうち「苦情」は同20.7%増の3594件だった。業種別で苦情の4位だった「健康食品」は、・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. カゴメ、FiNCと業務提携 健康食品の開発も
  2. 漢方のセルフ煎じコーナー、薬局ある施設内の設置「OK」
  3. 特保13品許可、計1253品に 「失効」で総数減少
  4. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  5. エースマーク、チア・キヌアなどスーパーフード原料供給開始
  6. 抗加齢医学会総会に5500人
  7. 「機能性表示」認知度6割、うち2割に摂取経験 通販協調査
  8. DgSの健食販売額、6月は6.6%増
PAGE TOP