注目の記事

アサヒグループHD、微生物摂取で軟便者の胃腸改善

アサヒグループホールディングスは5日、同社保有の「枯草菌C-3102株」の継続摂取で腸内フローラを構成する菌種の多様性が高まり、軟便者の胃腸の自覚症状が改善することを確認したと発表した。


軟便気味の20~79歳の男女37人を対象に、「枯草菌C-3102株」を含むタブ・・・

(詳しくは12月6日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. カイゲン、特保原料「ソルギン」で機能性表示対応
  2. シンギー、血流サポートの新原料「丹参葉」供給開始
  3. ブラジル大使館が食品展示会、スーパーフード等紹介
  4. ユニアル、北海道大に「イノベーションセンター」設立
  5. 機能性表示394品に、新日本製薬が初受理
  6. マイナスイオン応用フォーラム、ケイ素の健康効果など報告
  7. 韓国で初の「Hi」、日本の機能性表示制度に関心集まる
  8. VD受容体の遺伝子多型、大腸がんリスクに変化も
PAGE TOP