注目の記事

生でも食べられるケールが市場に

スマートアグリカルチャー磐田は6月中旬から、生でも食べられるケールの販売を本格開始する。


同社は今年4月、富士通、オリックス、増田採種場の3社が出資して設立。新たなビジネスモデルの共創を図ることを・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. キリン、ビール苦味成分でアルツハイマー病予防
  2. 日健栄協、ボーエン化成にGMP認定
  3. 明治、ヨーグルト飲料の生産能力増強 50億円投資
  4. 富士フィルム、葛の花イソフラボンの機能性表示食品
  5. ミツバチ減少、原因はカメムシ用殺虫剤の可能性
  6. 10万人当たりの健食企業数、1位沖縄
  7. カゴメ、FiNCと業務提携 健康食品の開発も
  8. かがわ機能性食品開発研究会、9月にシンポ 長命草など
PAGE TOP