注目の記事

生でも食べられるケールが市場に

スマートアグリカルチャー磐田は6月中旬から、生でも食べられるケールの販売を本格開始する。


同社は今年4月、富士通、オリックス、増田採種場の3社が出資して設立。新たなビジネスモデルの共創を図ることを・・・
(詳しくは6月7日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 機能性表示で指針改正へ、「医薬品リスト」成分の確認要求
  2. 輸入食品監視、チアシードで違反も
  3. 元CRN議長「スーパーフードは過去のもの、トレンドは腸内環境」
  4. ホルス、化粧品原料「油溶性プラセンタ」を上市
  5. ダイドードリンコ、初の機能性表示食品 ファンケルと共同開発
  6. 台湾緑藻、葉緑素高含有クロレラのサンプルワーク
  7. ヒハツや月桃等で「Tie2」活性化、血管の働きスムーズに
  8. アピ、「沈香葉」が機能性表示受理 OEM供給を本格化
PAGE TOP