注目の記事

中国越境EC再開、リスト導入一年延期 健食・化粧品、おむつ等

 中国財政部のポジティブリスト導入により、今年4月から事実上停止していた健康食品・化粧品等の越境電子商取引(越境EC)が、25日より再開した。リスト導入は一年後に延期とされており、順調な伸びを示す中国向けの健康食品・化粧品輸出が当面の間再開される見通しとなった。


 いままで、日本の健康食品や化粧品は、中国での越境ECの拡大に伴って、輸出を伸ばしてきたが、今年4月、中国財政部がいわいるポジティブリストを発表、リストに含まれない一部乳酸菌やケイ素などの成分を含む商品が保税区に留め置かれるという状況が発生していた。
 それに伴い、関税徴収が可能な保税区型取引ではなく、直送型取引が増加、保税区型を推進し、関税徴・・・
(詳しくは6月3日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 機能性表示1品受理、計433品に
  2. 森川健康堂、研究所敷地を仮設住宅用地として無償提供
  3. 米国素材を介護食に 米大使館がセミナー
  4. 機能性表示食品の評価サイトを開設
  5. サミー使用の「チアフル酵母」、機能性表示の届出撤回
  6. サンエフ、アルコール・肝機能対の新素材「ケンポナシ」
  7. 消費者庁、47社に特保「失効届」提出依頼
  8. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
PAGE TOP