注目の記事

「納豆サイエンスラボ」設立 納豆菌でインフル予防

「おかめ『納豆サイエンスラボ』」が設立され、15日に第1回メディアセミナーが開催された。


同ラボは、倉敷芸術科学大学教授の須見洋行氏ら専門家を協力・監修メンバーとして迎え、日本の伝統食品である納豆の健康価値を様々な角度で研究し、・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 都のサルコペニア・フレイルセミナーに1300人 予防法伝授
  2. オムニアクティブ、「ルテマックス」が若年層の目・脳に有効
  3. 高麗人参市場250億円に拡大
  4. 「機能性表示」認知度6割、うち2割に摂取経験 通販協調査
  5. 睡眠環境の総合コンサル可能に グレーゾーン解消制度
  6. DgSの健食販売額、6月は6.6%増
  7. 都、健食定期購入契約で救済委員会に紛争処理付託
  8. 特保市場、1.5%増の6700億円
PAGE TOP