ヘッドラインニュース

原料原産地表示で異論噴出 消費者・事業者に「メリットなし」

消費者委員会の食品表示部会が19日に開催され、原料原産地表示制度の検討結果に委員から異論が噴出した。消費者庁の説明に対し、「消費者・事業者の双方にとってメリットがないものになる」など厳しい声が続出。すべての加工食品を対象とすることに賛同する委員からも、誤認を招く懸念があると注文がついた。


消費者庁と農林水産省の有識者検討会による議論の結果、国内で製造したすべての加工食品を対象に、重量割合1位の原材料の原産地表示を義務付けることを盛り・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 表示政策、政党間に温度差
  2. 久光製薬、健食通販事業スタート ダイエット食品など投入
  3. アンチエイジング実践派、女性の3人に1人 「CoQ10等摂取」
  4. 広がる被災地への支援活動、日健栄協通じ救援物資
  5. サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」
  6. 「酵素・酵母食品」市場規模 33%増の360億円
  7. バイオアクティブズ、カロテノイド原料の供給開始
  8. 米団体、「サプリで医療費削減可能」 5年で240億ドル
PAGE TOP