注目の記事

ファンケル、「エストロゲン」の働き高めるエキス発見

ファンケルは13日、ブルガリア産ダマスクバラの胎座から抽出したエキスが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きを高めることを発見したと発表した。


このエキスを「ローズリッチプラセンタ」と名付け、新しいエイジングケア製品の開発に活用・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 特保4件許可、計1099品に
  2. 週刊新潮が「トクホの大嘘」特集 難デキなど批判
  3. フルクトースの血糖値低減作用、SRで確認
  4. 成城石井、スーパーフードの売上5倍 新商品投入へ
  5. 【通関速報】上半期ハチミツ輸入量、前年同期比44%増
  6. ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入
  7. オリザ油化、秋田県産じゅんさい使用の機能性素材
  8. 機能性表示、15年度届出分をデータベースに移行 検索可能に
PAGE TOP