注目の記事

ファンケル、「エストロゲン」の働き高めるエキス発見

ファンケルは13日、ブルガリア産ダマスクバラの胎座から抽出したエキスが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きを高めることを発見したと発表した。


このエキスを「ローズリッチプラセンタ」と名付け、新しいエイジングケア製品の開発に活用・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. フジッコ、機能性表示食品を拡充
  2. 機能性表示577品、「豆腐」「牛丼の具」など受理
  3. 訪日中国人消費、初の1兆円超え
  4. 中国先行のペプチド産業 日本は基礎研究の強み生かせるか?
  5. 日本トリム、電解水素水を農業に活用 農水省補助事業に採択
  6. イデアプロモーション、「アルマテラ」に社名変更
  7. オルガノフードテック、機能性素材の加工事業を本格始動
  8. 京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」…
PAGE TOP