注目の記事

ファンケル、「エストロゲン」の働き高めるエキス発見

ファンケルは13日、ブルガリア産ダマスクバラの胎座から抽出したエキスが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きを高めることを発見したと発表した。


このエキスを「ローズリッチプラセンタ」と名付け、新しいエイジングケア製品の開発に活用・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 特保買上調査で不備、消費者委が不満表明
  2. 東洋酵素、スピルリナ好調 スムージー向け等で
  3. イオンマレーシア、クリニック併設型のDgS開設
  4. サンリツ、製品中の栄養素測定サービス開始
  5. エフアイコーポ、ジンセンベリーのOEM供給開始
  6. 沖縄製粉、「広域流通事業部」立ち上げ 原料供給強化
  7. 容器包装、段階的にポジティブリスト制度導入へ
  8. カゴメ、機能性表示トマトジュースが前年比173%
PAGE TOP